2007年04月18日

●つぶやき 出産難民●

「あんたさー もしも今、子どもできたら

 どこの病院に行くつもり??」


と、唐突にママ友から聞かれました。

 


へ? そんなこと考えてなかったなぁー

 
どこの産婦人科にしよーかなぁーーなんて

早く悩んでみたいぜ なんてのんきに考えてますが

皆さんは 考えたこと、あります??




今、「出産難民」なんていう言葉がテレビなどで特集されてます。

めでたく妊娠、出産を迎える妊婦たちが

検診や出産のための病院を探して 翻弄しているとか。

なにも田舎町に限ったことではありません。

毎年、約10%の病院が産婦人科を廃業したり

産科を廃止したりしてるんだそーですよ。


そーいや、一応都会とされるうちの近所でも

最近2軒の産婦人科がなくなってしまいました。


総合病院でも「婦人科」はあっても「産科」がない、となると

産めません。


友人Hの話。

不妊専門の「婦人科」に通い、めでたく妊娠したはいいが
妊娠したと同時にそこの病院は卒業。

めでたくミオモとなった体で、新たに病院を変えるのは
勇気がいることだったと。

しかも、たまたま不妊専門病院からの紹介状があったから
その産婦人科に「すべりこめた」ものの
妊娠3ヶ月になったばかりの状態で「出産の予約」を入れないと
その病院で出産できないと言われた。
現に、紹介状のない妊婦さんは、10ヶ月先の出産予約さえとれないとのこと。

念のため他の病院もあたってみるが、今まで違う病院に行っていたなら
受け入れられないと拒否された。

産婦人科には 夢があったと。
よくテレビでやってるような
「料理のおいしいとこ〜」とか
「完全に個室〜〜〜〜〜」とか。
でも、現実は「選ぶ」なんてもってのほか。
結局、紹介状のあった病院に行くことになった。


(/--)/

これ、決して 田舎の話じゃないっすよ。


テレビでは、妊娠37週(臨月)で通っていた病院が廃業し
今から出産できる病院を変えるという妊婦さん。
一応、受け入れ先の病院は紹介してもらえたものの
もういつ産まれてきてもいい状態になってからの
「初診」は 妊婦さん自身も
また受け入れる病院サイドもタイヘンなこと。
でも、「しょうがない」と初産ながら妥協の出産だとのこと。


つらい。

同じ女性として、さぞかし不安だっただろうと
涙が出ました。



なんで産科が減っているのか。

それは「産婦人科医」が減っているから。

じゃあ なんで産婦人科医が減っているのか。



あたしの観たテレビでは、次のような理由があげられていました。

産婦人科医は

1.激務
  24時間365日 いつお産があるかわからない。
  いつ呼ばれるかわからないというプレッシャーがいつもある。
  休みなしで、体の不調を訴えたり、家族不和になる
  産婦人科医も多いとか。  


2.訴訟件数
  安全で健康な赤ちゃんが産まれることが
  「当たり前」だと思いがちな出産。
  でも、出産というのは母子ともにリスクの高いもの。
  また、不妊治療などの進歩に伴い、ハイリスク妊娠分娩も
  多くなっている。
  その結果、「何か」があった場合、
  産婦人科医は医療裁判にかけられることが多い。
  通常の激務に加え、精神的にも疲弊する医師が多いとのこと。


3.女性医師
  女性の産婦人科医が増える傾向にあるのに対し、
  女性医師の休職も多い。
  出産、育児のためという理由や、ハードな仕事のため
  という理由が多いとか。


4.研修医
  2004年度から、研修医は2年間、各科を臨床研修したあとに
  専門科を選ぶ制度になった。
  それまで産婦人科を目指していた研修医も、実際に激務を目の当たりに
  することで、違う科を選ぶ人が多くなった。
  その結果、2割以上の割合で産婦人科になる医師が減ったとのこと。


5.少子化





ふぅ〜〜・・・

そりゃ減るわな、産婦人科。。。

こんなんじゃ、

いくら「命の誕生に関われる 素晴らしい職業」でも

なりたくなくなってくるわなぁ。。。



現実は こうなのにね。

政治だとかで、難しい顔したおっさんが

少子化だぁ〜〜 出産率低下だぁ〜〜

「ヤれ!そして産め!」みたいに叫んでますが


もっと 先にやらなあかんこと

いーーーっぱいあるんとちゃいまっか?



と 心の中でつぶやく小市民なあたしです。


さささ、みなさんも

検査薬プラスになったらすぐに病院に通えるように

近所の産婦人科の情報とか

里帰りする先の 産婦人科の情報とか

今のうちに じゃんじゃん仕入れちゃいましょう!!


もう、妄想でもなんでも

こうなりゃ かまわんっ!!

あたしゃ 産む気マンマンだぁーー!!



みなさんの応援が ダイレクトに響きます♪
1ポチ応援していただけるだけで
ゴーーーンとあたしの心は鳴り響きます!
ガンガン妊娠情報仕入れますんで、どうか1ぽち、応援してください♪ 
⇒【人気ランキング参加中です】
posted by いちゅひちゅ at 14:54| Comment(22) | TrackBack(0) | ■つぶやき 医療ネタ■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホント産科って少ないですよね〜
私は実家に近いところにするつもりです。
1度診察をしてもらってるし、評判がいいみたいだから。
今の家からだったら電車で30分だし、旦那がいれば車で40分だし。
家の近所の方がいいんじゃないかとも思うんだけど産婦人科がないんだよね…
やってるの?っていう病院はあるけど…
旦那も私の実家に近い方が安心だっていってくれてるし!
その前に仕込みを頑張らねば!
リセットしたばかりなので、次なる卵ちゃんのために準備中です。
Posted by ともちゃん at 2007年04月18日 17:45
私の住んでいるところでも(鎌倉市)駅までの距離に1軒もないですね、、、(徒歩30分)
私が通っているクリニックは妊娠したら100パーセント病院を紹介してもらえるのだけど、、、

でも昨日リセットになったばかり
まだまだ道は遠そうだ、、

Posted by マッハママ at 2007年04月18日 18:34
今月は22日目だというのにいまだ低温…。先月は排卵検査薬7回分全て陰性…。年齢的にもいよいよ婦人科に行ってみるべきかなと思っています。幸いわが町は産婦人科が多いので、大丈夫かと…でも調べてみないと分からんですよね(゚Д゚;)
Posted by かみちよ at 2007年04月18日 18:42
いつも楽しく拝見させていただいています(^^)

風水にもハマっているので、色々取り入れさせてもらってます!
基礎体温もまともにつけたことがなかったので、先月からつけ始めましたが、ガタガタで(;-;)
いろんなストレスが重なったこともあり、先月は生理がこなくて病院に行きました。
デュファストンで生理を起こした後にクロミッドで排卵誘発するそうです。
生理不順で行ったのに何だか大変なことになってます( p_q)
私の行ったクリニックも11月まで出産予定が埋まっています。
無痛分娩に興味があるので、妊娠していませんが、事前にその病院に変えようか迷っています。
差し支えなければ、無痛分娩や排卵誘発剤について教えて下さいm(__)m
Posted by くまころ at 2007年04月18日 20:30
いちゅひちゅさん、聞いておくんなまし。
実際ね。政治家のおじさんは
「少子化対策!日本の次世代を!!」とか言ってるけど、子供を産むという現状を知らない人が大半なのですよ。
あたし、最近まで霞ヶ関で働いていたけど、実際
秘書官(国家T種キャリア官僚さん)と代議士の会話、
「少子化対策っていっても、なんかよくわかりませんよねぇ。何すればいいの?」
「今の女性はなんで産みたがらないの?」
と、現実をまーったく知らない!
だからあたしは飲み会の席で言ってやりました!
「色々お金がかかるんです!不妊治療なんかしたら特に!!」
「病院(医師)が足りないんです!」
「女性が子供を持ちながら働けるところが少ないんです!」等々。
代議士は本当に知らなかった様子で、
「へぇ、そんなに大変なんだ、なんとかしないとな。」
とおっしゃって、少子化の環境にちょっと興味を持ってくれたので幸いでした。
その後、幼児手当てとか不妊治療の助成とか、ちょっと増えたので嬉しかったっす。
男性の議員さん(特に、お年を召した方)は、感覚的に、少子化の現状をわかってない人が多いと感じました。
個人差はあれど、女性議員さんは現状をそれなりに把握していた人が多かったかな。
行政に関しては、国が動かないとどうしようもないっすね。
次の選挙の時、少子化対策にもきちんとした意見のある人が大量当選してくれることを望みますっ!
そして、産婦人科:医療施設。
産みたい人が産みたい時に利用できるように整備されていきますように!
Posted by ロク at 2007年04月18日 22:41
そうですよね〜!
政治家とかのエラい人たち、少子化対策っていうなら
不妊治療へもっと補助を出すとか、産婦人科医への
対応とか・・もっといろいろできることがあるように思うんですけどね。。
本気で少子化対策考えてるのか?と思ってしまいます。

私が住んでいる地域は割と産婦人科が多いのですが、産む時はどこに行けばいいか悩みます。
今不妊治療専門病院に通ってるので、赤さんが来たらそこの先生に相談しようと思ってます。
Posted by りん at 2007年04月18日 22:42
でぇ〜・・・・・
ベイベー誕生を密かに祈っているだけでは駄目なんだすなぁ・・・・
妄想でもなんでも!
調査しておかないと!ですね!!
「ゆっくり探そう」なんて事してたら
自宅で出産!なんて事にもなりかねない!!!
こうなったら海外か?(笑)
Posted by wao-baku at 2007年04月19日 10:08
こんにちは。不妊治療を経て現在妊娠4ヵ月です。いちゅひちゅさんのブログに大変励まされました!
実は、今回のテーマの経験者です。不妊専門病院の先生は、妊婦検診が始まるまで診てくれる気満々だったのですが、この現状を多少は知っていたので、産婦人科に行ってみたのです。がっ、「もう9週目になってるじゃない!うちは、もういっぱいだから無理だよ」と冷たく言われてしまったのです・・・頭が真っ白になりました。思わず「どこの病院へ行けばいいのですか」と先生に訴えかけてしまいました。先生は、当然困惑な表情。待ち望んで授かった赤ちゃんなのに、拒否されたような気になってしまって。涙がでました。
幸い、次の病院で受け入れてくれることになりましたが、あまりにもひどい現状にびっくりです。ちなみに私の住んでいるところも、決して田舎ではありません!!
産婦人科に通っていると、先生の大変さはすごくよく分かります。でも、新しい命が産まれてくる手助けをしてくれるすばらしい職業だと思います。医師を志す皆さんに選択して欲しい道だと思うのは勝手ですかね・・・
Posted by のん at 2007年04月19日 10:47
産婦人科がそんなことになってるなんて知らなかった〜( ̄△ ̄;)
私は今通ってるところで産もうかと思ってます
産むの前提で選びましたから
でも小さい病院だから 予約いっぱいだったらどーしよぅ(×_×)
前通ってた実家に近い産婦人科で弟の奥さんが出産したんですが
その時は入院してるのは一人だけだったそうです
時期によっても差があるんですかねー

あ ペ様 やっと出航しました
クロミッド3錠飲み始めたけど
オリィが多くなったのは気のせいか・・・?
Posted by パル at 2007年04月19日 12:22
いつも楽しく読ませていただいてます。初めてコメントさせていただきます。

私が、妊娠検査を受けに近所の産婦人科へ行った時、受付で「もし妊娠していても、当院は予約でいっぱいなので出産は受け入れられません、妊娠検査だけならできますが、それでいいですか?」と聞かれ驚きました。

近所には他に産婦人科がなく、結局は総合病院の産科で出産しましたが、診察は2時間待ちは当たり前だし、採血すればプラス1時間、医師は毎回違う人だし、一言で言えば流れ作業で、検診に行く度に病院が嫌いになっていきました。

当時は最低な病院だと思ったけど、今は、あの時その病院は、それでも最善をつくしていたんだと思います。

受診する側も、病院を批判するだけではなく、一人一人がどうすれば良い環境になるのか真剣に考える事が大切なんだと感じます。
Posted by あずさ at 2007年04月19日 13:54
やりました!子作り始めて半年、そして不妊治療を始めて2ヶ月べビを授かりました。現在5周目にはいります。
私も婦人科しかない病院で治療を受けたため、産科は違う病院を探さなくてはなりません。
実家に近い病院は総合病院があるので、もしもの事を考え、そこへ行くつもりです。
Posted by Wさと at 2007年04月19日 16:02
やりました!子作り半年、ここをのぞく事3ヵ月、そして不妊治療2ヶ月目べビを授かりました。現在5周目にはいります。
せっかくなので、妊婦菌をバラまきます♪(*^ ・^)ノ⌒☆
ほれほれ〜い!
さてさて、私も婦人科しかない病院で治療を受けたため、産科は違う病院を探さなくてはなりません。
実家に近い病院は総合病院があるので、もしもの事を考え、そこへ行くつもりです。
Posted by Wさと at 2007年04月19日 16:06
私の県でも【産婦人科医不足】は相当問題になってましたよ。
産婦人科医が1人も居なくなってしまった地域があって、高額な報酬などを提示してやっと産婦人科医を招致したようです。
でも、その来てくれた先生も年契約らしく、来年や再来年はどうなるのか・・・。

ただひたすら“授かる事”を願っているだけではだめなんですかね〜。
その先を見据えなきゃいけないんですね(T‐T)
今は総合病院の不妊病棟で治療してるので、授かったらそのまま産婦人科で妊婦検診とかは受けるとしても・・・(実家が他県なので)里帰り出産のために実家近くの病院も探しとかなきゃいけないですねぇ!!
授かればバンバン産もうと思ってる私のような人のいるので・・・日本中の子供を願っている女性&授かっている女性が安心出来るようになって欲しいですね。
Posted by あさたろ at 2007年04月19日 19:25
夫が医師なんですが、普段は「お金持ちでいいね〜」「どうせいっぱい給料もらってるんでしょ」「待ち時間長過ぎる」「医療費が高過ぎる」などと嫌味を言われることが多く、しかし病気になったり医師不足の問題が起きると急にあてにされるので、すごい嫌な思いをしています。
お給料も一見良さげに見えますが、実際の労働時間を一般企業の給料基準に当てはめてもらえれば、もっと貰わないと割りに合わないんです。けっして、労働以上の給料をもらえているわけではないんですよ。
2日連休でお休みできることなんて滅多にないし、GWだってお正月だって休みじゃないです。病院からの呼び出しがない完全なお休みは、月1〜2日のみです。朝から働いて、そのまま当直して寝ずに働いて、翌朝もそのまま夜まで勤務。そんな生活を送ってひたすら患者の為に働いていることを知られずに、文句ばかり言われる医師という職業って、何なんだろうな〜って思います。
医師は、医学部へ入る時点からもう医師という職業を目指すと決めている訳なので、他の職業を経験したことのない人がほとんどですから、この過酷な環境が他の職業でも当たり前と思って文句を言わずに受け入れている人がほとんどです。
他の職業の方だったら、労働組合でストライキをおこしたり、もっと環境の良い職業へ転職したりもできますけど、医師にはそれができないんです。生命がかかっているだけに、ストライキで職場放棄なんて起こせる訳もないですから・・・。
医療費だって高い高いといわれますけど、実際には医療費を安くしてしまった為に潰れる病院が増えて、医師のなり手が減って困っている訳ですよね?医療費が高いという目先のことにこだわるあまりに、結果として患者は自分の首を絞める結果になってしまっているんです。
「医は仁術なり、医は奉仕なり、だから医師は文句を言わず金をもらわず人様の為に働け!」では、医師が減るのも当たり前です。
私は独身時代に派遣でいろんな企業を回りましたから、他の職業でラクに稼いでいっぱい遊んでいる人をたくさんみて、医師が本当に過酷な職業だなってつくづく思います。商社とかマスコミとか、すごい高給だし楽しく遊んで暮らしてましたよ〜。
産科の医師不足を解消する為には、もっと医師の労働環境を改善するべく患者やその家族が協力していかないことには、絶対に無理です。
マスコミの視聴率稼ぎの医者批判番組に踊らされることなく、現実の過酷な医療業務に従事して患者の為に人生を捧げている医師を、もっとよく見て何が大切か考えて欲しいです。
Posted by まみ at 2007年04月19日 19:28
私が通院しているクリニックの先生も休診日なしで診察してくださっていて、患者としてはとってもありがたいし感謝の気持ちでいっぱいですが、先生の体が心配です。
以前通院していた大学病院も同じように、本来は無い午後の外来も、手術後に診察してくださったり、ご飯も休憩も取らずに頑張っている姿を見て、これは異常事態なんじゃないか?と思います。
主人の会社は一般企業ですが、バブル崩壊後にリストラへ走り、人不足で1人1人の負担が増え、常に睡眠不足と疲れで精子クンの活動も悪くなり、夜の仲良しする時間も持てないというのが現状ですし・・・。これが男性不妊が増えている一番の原因なんじゃないかな?って最近は特に感じます。
上に立つ立場の人にこそ、もっと現場の声を真剣に聞いてほしいと思います。
Posted by つみれ at 2007年04月20日 08:02
人気の病院は、出産予約するのも大変っていうのは知ってましたけど、紹介状がないと、10ヶ月先の予約も取れないところがあるなんて、知らなかった!!実家の近くの産婦人科に狙いを定めていたのですが、紹介状がなしでもとれるのか、しらべないと。。。。(妊娠の気配もないけど、妊婦になった気分で♪)
Posted by happy at 2007年04月20日 17:55
いちゅひちゅさん,こんばんわ。
今は治療中なんで,赤サン来た後の妄想はすごいんですけど,現実的なこと考えると前もって考えといた方がいいかもしれませんね。
産婦人科か,総合病院か,,,,これを悩みます。
その前に赤サン来てくれるような体作りが先なんですけどね。
Posted by nao at 2007年04月20日 21:35
こんにちは。前の記事のコメントありがとうございました。じゃあ、やはり今までどおりに飲むかな(笑)

私の知人で30代前半の小児科医がいますが、彼の知り合いの産婦人科医の10−20%は訴えられているそうです。激務だし、正直やってられないのが本音とか。。。根本から変えていかないと負のスパイラルにいっちゃいますね。。。
Posted by kazraasch at 2007年04月21日 08:22
こんにちは(^-^*)/

本当に「少子化、少子化」「産め、産め」って言う割には産む環境、育てる環境が整っていないのが今の日本の現状なんでしょうねllllll(-_-;)llllll

これから妊娠・出産を希望に頑張っている私たちが安心して子供を産み育てる事ができるんでしょうかねぇ?

いつからこんな日本になってしまったんでしょう・・・。
政治家のおっさん、おばはん達にももっと現実を見て、真剣に早急に改善策を立てて欲しいですね。
ま、無理でしょうけど・・・。
Posted by ga-ko at 2007年04月22日 18:48
おはようございます^^

世の中、結婚したい人・したくない人がいるようにベビィも産みたい人・産みたくない人がいますよね。 産みたくない人に産ませるようにするのは相当な努力がいると思います。
産みたいけど医療の助けが必要な人に産んでいただく・・こちらに力を入れて欲しいです!結局はお金を国は出したくないんですよね(_ _;)・・のくせに産め産め言ったって、、女にだって意思はあるんだし、みんながみんな「女に生まれたからにはベビィを産みたい!」って思う人ばかりじゃありません!!そこのところ、政治家のおっさん達は勘違いしていますよね?!
我が家も治療が長くなり貯金も底が見えてきつつあります。 せめて、保険がきくようにして欲しいよね、と旦那と話しています..。
Posted by あーちゃんママ at 2007年04月23日 08:52
以前一度コメントさせて頂いたものです。

いちゅひちゅさんが言うとおり産婦人科って本当少なくなってきてますよね…。
もし私が妊娠したら里帰り出産をする予定だったんですが
そこはなくなってしまって。
とっても残念です( TДT)

話は変わりますが足ツボをした月に妊娠されたって
書かれているのを最近思い出し先月から始めました。
そして今月の上旬に妊娠が発覚したんですが
残念な事に初期流産になってしまいました。
今回お空に帰ってしまった天使ちゃんは
妊娠出来る体なんだよって教えに来てくれたと
良い方向に考える事にしました。

また良い情報があったら教えてくださいね☆
Posted by あちゅみん at 2007年04月26日 15:08
>ともちゃん
実家に近いところは安心ですよねぇ♪
めぼしをつけておくことも大事ですもん!
これで準備OK〜ですよね♪

>マッハママさん
どこでも少なくなってきてますね。
あたしの周りも開業医はゼロです。

>かみちよさん
数が多いと選ぶことができるし
評判のいいところなど教えてもらえるといいですよね。
婦人科も産科とおなじくらい
いいところがあるとうれしいですもんね。

>くまころさん
無痛分娩は、実施している病院とそうでない病院があります。
無痛分娩ができる!と言っても、実際には無痛ではなく「和痛」といって痛みを和らげるだけのところもあるそうで
本当に無痛分娩でと考えてらっしゃるなら、よく調べたほうがいいと思います。
無痛分娩は、アメリカでは主流です。硬膜外麻酔により痛みをコントロールする方法というのが一般的だと思います。
だから、その麻酔の技術を持つ医師であることが大切ですよね。
あたしの行っていた病院は、無痛分娩もできる病院でしたのでイロイロと調べました。
まーーったく痛くないということはないらしいですが、普通分娩よりは数段ラクらしいです。
痛くなくてもイキむタイミングはわかるらしいですし。
でもあたしは普通で産みましたがね。
あと、排卵誘発剤については「治療編」を参考にしていただけるとうれしいです♪

>ロクさん
霞ヶ関情報たいへん興味深く読ませていただきました。
やっぱりねぇというのが感想です。
どうすりゃ一般市民の声って伝わるんでしょうねぇ。

>りんさん
出産って女性にとっては一大事ですから
慎重に病院も選びたいですもんね。
りんさんも先生と相談してくださいね!

>wao-bakuさん
実際、自宅出産も増えてきてますよね。
んでも、自宅で産むのも、いざって時の処置が
できる病院の体制があってこそ、できることですよね。
海外も考えの中にはいってくる時代になるのかな。

>のんさん
たいへんでしたねぇ。
体もできれば安静にしたい時期に、そのような状況になるのは
さぞかし不安だったと思います。
こういう状況をなおしていかなければ、少子化もおさまりませんよね。

>パルさん
オリィ増えましたか!
よい傾向だといいですね♪

>あずささん
本当にね。批判だけではダメな時代です。
でも、考えても、夜中に産まれちゃうものは
生まれますしねぇぇぇこればっかりは。
どうすりゃいいのか、真剣に考えたいです

>Wさとさん
おめでとうございます!!
総合病院はすぐに対応できると言う点で安心ですよね。
ぜひぜひいいお産してくださいね♪

>あさたろさん
そうそう。招致しても年契約という現状が多いですもんね。
4月は異動も多く、近所の総合病院でも今年は産婦人科が少ないなどと言ってました。

>まみさん
ご主人もたいへんですねぇ。
お体気をつけてあげてくださいね♪

>つみれさん
本当に現場の産婦人科医はたいへんだと思います。
あたしの行ってたクリニックでも、医師3人体制でしたが、本当にたいへんそうでした。
でも、大晦日の夜にまで診察(不妊治療で)してくださったときには
ありがたくて涙が出そうだったのと、先生のお体が心配だったのを覚えています。
現場の声を聞ける「お上」が本当に必要です。

>happyさん
そうそう。予約とれないとこ多いですよ意外に。
探しておいて損はなしです!

>naoさん
総合病院かどうかも、それぞれの考えによりますからねぇ。
じっくり考えて選んでみてくださいねん。

>kazraaschさん
ほんと、激務の中で訴えられたりすることは
一般人には察しがつかないです。
もちろん訴えられないように医療ミスがないことが大切ですが
国のバックアップも必要ですよね。
そのような動きになってきてますけどね。

>ga-koさん
政治家に無理だったら、一般人の力だと
もっと無理なんだろうか。。。
いやいや、そういう声を伝えることが
あたしたちにできることなんだろうか。
なんか考えちゃいますよね。

>あーちゃんママさん
ほんとーーーにそうです。
出産や不妊治療に保険が利かないっつうことが
不思議です。
病気じゃないといわれてしまえば、それまでかもしれませんが。
でも、経済的負担が少なくなるに越したことないですし。
でもそうなるとまた、「産む」数に対して「産める場所」が少なくなる???
あぁぁぁやばいなぁ日本。

>あちゅみんさん
お体どうですか?今はゆっくり無理なさらず
ぼちぼちいきましょうね♪
あたしも、数々の体質改善試してます!
情報ばらまきますんで、また遊びにきてください!
そしてまたいろいろとお話できるとうれしいです。
Posted by いちゅひちゅ at 2007年04月26日 16:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。