2008年10月24日

●つぶやき 医師不足●

今日はちょいと、マジメver で。

先日、36歳の妊婦さんが、脳内出血を起こしている状態で
救急搬送受入れを断られ、赤ちゃんは帝王切開で出産したものの
お母さんである女性は、非常に残念なことにお亡くなりになられたという
ニュースがありました。
結婚8年目の、待望の妊娠出産だということでした。
毎日jp『妊婦死亡:拠点病院なのに』


これは、比較的、産婦人科、周産期医療が整っていえる東京の都心で
起きたことです。

このようなニュースがあるたびに、

産婦人科医、小児科医、はたまた医師全体の人員不足、

施設の不足、など、様々な問題が指摘されます。


この記事でも取り上げましたが、↓
●つぶやき 出産難民●
出産難民という言葉もあるくらい、医師不足の中でも
産婦人科医の数は減少しています。
地方の話ではありません。都心でも同じです。

ニュースになるたびに問題を指摘されますが
改善された、改善されるべく策が施行された、という
実感はないですよね。

実際に、医療の現場に身を置く医師、看護師、助産師といった
知人達に、「現実」の話を聞く機会も多くあるのですが

そういった現場の話を聞いたあたしの率直な感想としては

尊い職業に就いているということに尊敬の意を抱くことと同時に

あぁ、あたしたちに、何ができるんだろーーー。。。

という自問自答だけです。

なにも、お医者さん、病院ばかりに責任があるとは言いません。
小児科医の激務などを聞きますと、
子どもを持つ親の「モラル」に関わることも多くあります。

「夜の方が、すぐに診てくれるんでしょ」
「鼻水だけでも重病かもしれねーじゃん」
「救急車なら、タダだし、即効診てくれるぜ」

などという理由で、救急医療を利用し、
重篤な他の患者に手が回らない状態が生じていることや、

いわゆる「コンビニ受診」と言われるように

「ちょっとしたこと」や「ついでに医者行こう♪」のような
コンビニ感覚で受診することから、医師の激務が続くこと。

などなど。

医療機関を利用する側の「意識」で改善できることもあります。


でもそれと同時に
子どもの「ちょっとしたこと」に
不安を抱く気持ちも、とてもよくわかります。

子どもが、夜中に熱が高騰。嘔吐。など
子育てしていると様々なことが降りかかります。


めーーーーっちゃ不安なんですよねぇ〜〜〜。

プロが診たら「ちょっとしたこと」でも
一般ピーポーのあたし達には「重病かもっ・・」と
不安にかられて眠れない日もある。

いくら、知識として、「こういう場合は大丈夫」と理解していても
目の当たりにする子どもの異常や
目に見えないおなかの中の胎児のことは
冷静でいられないこともあります。


うちの自治体では
夜間や休日などの診療時間外の異変に対して
医師や看護師に電話で相談できるシステムがあります。

しかし、救急搬送は減らないと聞きました。



これ、現実です。


できることは、しようと、思う。

でも、子どものこと、おなかのベイベーのことは
日常のことではないことが起こると、テンパります。
これが普通だと思います。


かといって、医師を増やすために
医師になれるハードルを下げてもらっちゃ
困るなぁと思う点もある。

ちきしょー。どうすりゃいいんだ。

カシコくって、意志のある坊ちゃん、嬢ちゃん
大変かもしんないけど、産婦人科、小児科になってみないかい?

そいでさぁ、

お国の難しい顔したえらいオッサン方は
産婦人科、小児科、他のお医者さんもそーだけど
時間外、いつでもどこでもの激務の
現場の医療に携わる方々に対する手厚いサポート、考えてくれんかい??

と言いたいくらい医師不足は深刻です。






このサイトであたしは、「赤さんを授かること」に目をギンギンに向け
突き進んでいます。

でも、「妊娠」は最初の第一歩。

そこから、様々な「できごと」が起こるのも事実です。

そこに医師不足という現状があることも、目の前の事実。



世の中には、女子高生がトイレで出産してしまったり
アイドルやアナウンサーなど「でき婚」が話題になったり。

簡単に妊娠して出産できるかのようなニュースが多くないすか?



でもねぇ、

妊娠はやっぱり「ミラクル」だと思うし、出産も同じ。


その仕組みをベンキョーすればするほど、

「命」をつむぎ、つないでいくことの素晴らしさには感動します。

だからこそ、「リスク」もつきものです。

特に出産に関しては、リスクが高いことが多いことは
理解しているようで、認識不足ですよね。


おかげさまで、あたしは
本当に何事もなく、40週の妊娠期間を経て
通常の分娩で出産することができました。

これは、ごく普通のようですが、そうでもありません。

実際に、リスクのあった出産経験を持つ知人がたくさんいて
はじめて、それを理解しました。

あたしは、ツルム時にはたいがいこのメンバーという
非常に親しい、地域のママ友のグループがあります。

このグループの中で
普通に、経膣分娩、つまりアソコから通常に出産した人は
13人中、5人です。
その中の1人があたしです。(参考●出産のギモン 帝王切開●

あと8人は

1人。 逆子で、帝王切開

2人。 胎児の大きさに対して骨盤が狭く、帝王切開。

3人。 妊娠8ヶ月目に早産の危険で入院。
    その後妊娠9ヶ月目で出産。
    出生体重2100gで赤ちゃん2週間入院。

4人。 妊娠5ヶ月目から切迫流産、切迫早産で入院。
    7ヶ月で出産。
    出生体重1300gで、赤ちゃん3ヶ月入院。

5人。 妊娠8ヶ月で、突如破水→緊急帝王切開。
    そのまま出産。
    出生体重1800gで赤ちゃん1ヵ月半入院。

6人。 胎盤の異常で(前置胎盤)によって、帝王切開。
    出産時に大量出血を伴って、お母さん2週間入院。

7人。 おなかのなかで、へその緒が胎児の首に巻きつき
    窒息の可能性があるとのことで、9ヶ月目で帝王切開。
    仮死状態で出産。赤ちゃん半年入院→若干の障害が残る。
    お母さんは、出産後の精神的ストレスで
    しばらく入院、現在も通院中。

8人。 赤ちゃんが先天的に心臓に欠陥あり帝王切開。
    2歳までに3回の手術をして、現在は退院。


大げさな話じゃないんですっ。実話です。
赤ちゃんが退院したあとの、「たいへんさ」も
現在進行形で見聞きしています。

たまたま、あたしの周りのママ友がそうだった、のかもしれません。


でも、特別な、遠い話 でもないわけです。
いつ自分の身に起こっても、不思議ではありません。


その他にも、

あたしの妹は妊娠中に、妊娠中毒症を患いタイヘンでしたし

糖尿病や高血圧の持病を持ったままの妊娠→出産にリスクがあった知人もいます。


自分が、妊娠や出産を経るまでは
知り得なかった現実が、たくさんありました。


もちろん、リスクを恐れて、出産を怖がったりしてはいけません。

すこやかに、スムーズに、出産できるイメージは
安産につながる、とても大事な「イメージトレーニング」だし。


でも、平凡な、どこにでもいる主婦のあたしの周りでさえ、
リスクの高い出産をした知人の割合は、非常に高いわけです。



だからどうしろって???



そうなんです。


そこ、なんですよね。


あたしたちに、なにができるんだろう。




リスクがあることを十分に理解しろ、っつったって

理解したって、あたしたちにできることって何??


もちろん、リスクを減らすためなら、何でもしたい。

だからといって、心配、不安になりすぎて
医療機関に受診しすぎると、医師の過労につながると言われる。
医師が不足している、と言われる。

でも、医療機関だけの責任じゃ、ない。

でも、「なにかあってから」じゃ遅すぎる。


あぁぁぁぁぁぁぁ・・・・ 悪循環。



妊娠→出産において、また出産後の育児において

平常心を保ち、健やかに過ごせることは

当然のようで、非常に難しい。


医師を増やしてくれぇ〜
病院を増やしてくれぇ〜

と心の中で叫んでも、どうしようもないこともある。

だったら、

日ごろの、「関心」を高め、

自分にできることと、そうでないことの区別をハッキリさせること

が、あたしたちにできる、小さいけど、大切なこと、なのかしら。

例えば、子どもの異変に対しては
さっき書いたような、電話相談などをすぐに利用できるように
冷蔵庫に電話番号を書くっ!!

これも、小さいけど、できることのひとつ。だと思うんです。




●ナンボやねん 出産●でも
書きましたが、

帝王切開や早産で入院した知人は、口をそろえて言います。

「体も負担だけど、銭も負担かかるんだぜぇぇ」



親の定期預金まで解約して工面し、子育てしながら借金返済と
笑って話してくれる知人もいます。

それとは逆に、
何人かは、
「保険に入ってたから、保険でオールカバー♪」
「おつりが出たわ。うほほ」なんて
喜んでいた人もいました。


あたしはその話を聞いて、→こちらでも紹介しているサイトで
保険の資料をいくつも請求して
そういったことにも対応できる保険に入りなおしました。
自分自身の保険ももちろんですが、子どもの保険もは入りました。



こういった、関係ないようで、実はとっても大事なこと、も

妊娠→出産→育児 を強く望むあたしたちは 忘れてはいけませんよね。


他にも、こうしておいてよかった♪とか

参考にさせていただけるお話があれば、教えてくださいね♪



あたくし、エロの花園に住んでますが
たまにはマジメな世界にもどっぷり浸ります。
自己陶酔、っすか??ぐへへへ。
更新不足の自業自得で、ランキングも下がり気味ですが
これからも目指すところにまっしぐら。
アンテナびんびんにして
妊娠、出産情報かきあつめますっ♪
やっぱりブログはみなさんの応援あってこそ。
これからも更新の励みにしますんで
ぜひぜひ応援お願いします♪
いっぱい寝ていっぱい働いていっぱい笑って♪
笑う子宮には福宿る!!
あたしに更新の励みを!みなさんの1ポチがいつも元気の源です!
これからもドンドン妊娠情報仕入れますんで、どうか1日1ぽち、お願いします♪ 
⇒【人気ランキング参加中です】

posted by いちゅひちゅ at 00:22| Comment(15) | TrackBack(0) | ■つぶやき 医療ネタ■ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も帝王切開だったんですよ。
それも陣痛がおきて42時間後に。

陣痛が始まって24時間過ぎて子宮口が全開になっても生まれない、強い陣痛がきたら赤ちゃん心音が弱くなる、、、

それでも切れないと言い張る病院側。
その日も徹夜して、
翌朝、結局おかしいってことで陣痛から42時間(42週と0日)で帝王切開。

あけてみるとへその緒が2周
あのまま頑張って出産してたら本当に危なかったんですよ。

手術室から病室に戻るとき「あのまま出産していたら緊急帝王切開でした」と医師に言われました。

ぞぞ〜〜

でも3Dとか4Dのエコーがあれば42時間もくるしまなくてもわかったことなんだけど、あいにく砂嵐のようなエコーしかない、私の住む市内で唯一出産できる総合病院でした。

Posted by マッハママ at 2008年10月24日 01:07
あたしも出産には苦労しました。

第一子は妊娠8ヶ月の時に胎内死亡し、陣痛誘発剤で出産→臍の緒が奇形で3箇所も切れそうに細くなってた。

第二子は陣痛が強くなっても子宮口が3p以上開かず、心音弱まったので緊急帝王切開→アゴから産道に入ろうとして顔面が骨盤に詰まってたらしい。

第三子は早産→切迫もせずいきなり陣痛開始。

第四子はなかなか授からなくってコチラで色々勉強させていただいてる次第でございます。。。

妊娠・出産て色々ありますよね。
Posted by ぽるぽる at 2008年10月24日 09:54
はじめまして。

妊娠、出産
テレビ等で聞くといともアッサリ産んで
アッサリ復帰\(^o^)/(特に芸能人とか)
をアピール?してますよね。兼ねてからこれって疑問です。

「ああいう風に簡単なんだ〜」
ってバカなヤツは思うのよ。

私も周りでそうゆうヤツを見たから腹が立って仕方ない。

医師不足で大変な事に現場はなっていると散々ニュースで話題になっているのに、お腹の子供をかえりみずに本人はやりたい放題、遊び放題。

お腹をいたわって大事大事をしてあげないとそりゃ大変な事態にも遭遇しちゃうというのを解ってない。

勿論、大事大事してても大変な事態に遭遇することもあるが。

だから妊婦になる側もそれなりに普段の生活に配慮はしなくちゃいけない。なるべくお医者さんに負担のかからないように。そうゆう心構えも私達には必要じゃないかと思います。


日本の医療・・・もう少し何とかなるとよいですね。誰でも安心して妊娠出産子育てが出来るように。
これじゃ少子化も止まらないですね。
Posted by まっち at 2008年10月24日 11:36
ニュースのは地元の近くの病院だったので何かあればそこって感じだったし建て直したりしてたので既に機能していないなんて驚きでした。

でも、もう何年も前から医師不足や病院の連携の悪さなどなどが問題になっても結局、国や都・県などが動いて解決策を打ち出して行動してくれないと!

私も今年の夏に受け入れ拒否を経験しました。
かかりつけは個人の不妊クリニックで妊娠反応がでたけど夜間は総合病院へということだったんです。
出血して増えてきての出来事でした。
一件目で「産科医が不在」で断られて。24時間救急の看板さげてる病院でしたが。
そのときは2件目で受け入れてもらい、何でもなかったのですがやはり不安でしたね。
結局自然流産でしたが。


昼間は日勤の先生がいて、安心でも夜は対応できないなんて夜に何かあったら不安ですよね。

コンビニ受診なんて患者側もモラルや未来を考えて「診てもらって当たり前」の意識を少し考えるべきでもありますよね。

Posted by いぶじろう at 2008年10月24日 13:32
はじめまして。
私も帝王切開でした。
当時はいきなり決定した帝王切開に戸惑い・不安で泣いたりもしましたが、今思えばどんな方法であれ無事に生まれてきてくれたことに本当に感謝しています。
妊娠、出産って本当に奇跡だと思います。。先日ふたりめを流産してしまい、出産までたどりつく大変さを改めて感じました。
Posted by かぼっち at 2008年10月24日 15:53
ほんとに、赤ちゃんが10ヶ月お腹にいくれて、自然分娩をするって事は奇跡に近い事ですよね。


私も、流産をした事がありますが、それまでは他人事だと思ってました。
今は、お腹の赤ちゃんは元気に動いてくれて順調ですが、いつどうなるか、わかりませんよね…
しかも通っている病院は、車で1時間くらいかかる隣の市…1人で車を運転して通ってます。まだ5ヶ月…これから、どんどん大きくなるお腹…運転中になにかあったらと思うと不安です。
Posted by ともりんこ at 2008年10月24日 20:13
久々のコメントです
一発一中だった者です

確かに産婦人科減ってますね

私が不妊治療した病院も授かったら転院でした
1年程前(私が治療に通う数ヶ月前)までは分娩も扱ってたのに、医師不足と不妊専門にしたためにやめたようでした

分娩でお世話になる病院も
そんなに人数を受付てるわけでなく、1日10人程の予約のみで私が行った時(9週目)で予定月の2月は空き残り2人…

当時も出産難民って言葉も知ってたし、妊婦たらい回しの事件も知ってたから、やはり未だに不安だらけです

1月から分娩代金が3万程上がるようですが、訴えられた時の為の保険を掛けるためとか…
それに伴い、一時金も3万上がるようですね
Posted by 陽菜 at 2008年10月25日 00:15
私は9月に自然分娩しました。
が、結婚13年目にしての自然妊娠&初産&37歳の高齢で、出産まで不安とは隣り合わせでした。
妊娠3ヶ月迄、気付かず、病院探しにも苦労しました。それに貧血、蛋白がでたり。
なので、努力は出来るだけしました。

妊娠前からのナチュラル系生活を心がけ&1年間のカイロプラクティックで歪みを矯正。
妊娠中の毎日3時間の散歩&300回のスクワットをなるべくこなす。
そのおかげか、スピード安産でした。

ここまで努力しても、良い病院、良い助産婦さんに巡り会って、やっと無事に産まれたのだと思います。
私たちに最低限できる事は、妊娠前から身体を健康に保ち、妊婦側&病院側両方の負担にならない様に努力することではないでしょうか?
それによって、重い症状の方に、治療に専念出来る機会や環境を多くしてもらう。
そう思います。

妊娠出産は、本当に奇跡の積み重ねで、成り立っているのだと思います。でも、希望も捨ててはいけないと思います。
Posted by youka at 2008年10月25日 16:32
わたしは都心に住んでます。まさに出産難民。。。
本当に大変そうです。。
妊娠してすぐに分娩予約を取らないと産めないそう。
まさに、考える余裕もない。。。しかも高い!!
今回の脳出血を起こしてしまった妊婦さん
本当に残念ですね。やりきれない思いでいっぱいだと
おもいます。

妊娠・出産って本当に奇跡ですね・・・。
正直・・・私は、簡単に考えてました。
妊娠も出産も今では10代でする人も居るし
やれば出来る的に思っていました。。
でも、しみじみ妊娠・出産は本当に奇跡なんだと
思っています!!ちなみにわたしも帝王切開です。
結構、帝王切開の方いらっしゃいますね。。。
Posted by もも at 2008年10月25日 20:01
8月に出産しました。今回、問題になったER病院は私が通ってた産婦人科の提携先の一つでした。
もし、出産時に急を要する事態が発生していたらまず、この病院に連絡がいく手筈だそうです。

こんなにも身近に・・・しかも都内でという事態に驚きを隠せません。
病院が医師を確保できてないことが問題のようになっている感じがして、ニュースで見るたびにちょっと違うんじゃないかなと思います。やっぱり根本的に医療制度の問題だろうと思います。

入院中に「近くの産院が廃業になって、他が受け入れてくれない・・・と、もう何人も移ってきてここもパンク状態なんだよね」と医師・助産師・看護士さんも休み無く働いている状態を間近にみて、なんて大変な職場だろうと思いました。
それでも一丸となって、良かったと思えるお産にしようと取り組んで下さる姿勢に感動して、次が授かったらまた同じ産院で産みたいと思ったほどです。

少子化対策を掲げる中、産院が無くなる医師が足りないなんて矛盾してますよね。
Posted by 瑠璃っぺ at 2008年10月26日 00:21
約3年前、ひとり目の里帰り出産を断られた時の不安や心細さを思い出すといまでも涙がでそうです。早めにと思って7ヶ月頃受診したのに妊娠初期のうちに”分娩予約”してください。ってまだ安定期ではないし、いつ生まれるか分からないのに、そんな病院が増えてますね。
幸い別の病院で無事元気な娘を出産しましたが、自分が産んでみて、周りの出産に触れてやっと妊娠も出産も奇跡的なことなんだと分かり始めました。

妊産婦さんは新しい命をあずかる大切な存在。その妊産婦さんの健診や出産にかかわる産科の医師や助産師さんもとても尊い仕事をされていると思います。産婦人科、小児科、救急の現場でがんばる医療関係者の方にもっと手厚い待遇を考えて欲しいです。
少子化に歯止めをかけるべく第二子がんばっていますが(これがなかなか・・・)妊娠してもちゃんと産めるだろうか、安心して育てられるんだろうかと不安になる社会ってどこかおかしいですね・・・
Posted by かーこ at 2008年10月26日 14:53
いちゅひちゅさん☆お久しぶりデス!!
お腹のベビは少しづつ成長してます。ホントは一ヶ月おきも検診もワタシは2度の流産が過去にあったので一週間おきに検診うけてマス…奇跡の妊娠なんだと身にしみて思いマス。。。
今回のニュースには驚きと今後の出産に不安を感じてしまいました××産院は総合病院ですぐに分娩予約をしないとイッパイになってしまう病院なので早めに予約をしました!
10ヶ月大事にお腹に入れて育てて産むのはホント大変だと思います。万が一何かあった時の事を考えて産院選びは自分の目で確かめて慎重に選んだほうがいいんだな…と考えさせられました!
Posted by マーコ at 2008年10月28日 19:52
はじめまして! 初コメントさせて頂きます☆
人気ブログランキングでこちらのblogを知り、ちょくちょく覗きにきている者です。

私は昨年結婚して、子づくりは来年頃から・・・と考えています。
いちゅひちゅさんの日記や読者の皆さんのコメントから、現在の「現場の状況」を知る事ができ、勉強させて頂いてます。
私の周りには安産の方が比較的多く、「出産はハイリスク」だということをなかなか認識できていませんでしたが、帝王切開されてる方が多いということを目の当たりにし、やっとですがお産が危険だということを理解し始めました。

ビビリな私にとって「帝王切開は怖い」と思わずにはいられませんが、かぼっちさんの「どんな方法であれ無事に生まれてきてくれたことに本当に感謝しています。」というコメントに心を打たれました☆(母は強し!)

Posted by miryon at 2008年10月30日 16:39
はじめまして☆
ベビ待ち半年の22歳です(_ _)〃
1ヶ月程前にここのブログ見つけて最初から全部読ませていただきました(`∀´)v笑;
本っっ当〜勉強になるし笑い有りだしぃちゅひちゅさんのブログが大好きです♪♪
この前は病院の待ち時間の時見てて笑いこらえるの大変でした(笑))
読みやすいしすごぃ勉強になるし、これからも笑い有りの楽しいブログ頑張って下さぃ(∀)☆

お互い早く授かりますように☆*゚;
Posted by ぶぅ at 2008年11月02日 08:00
>マッハママさん
そうかぁ。なかなかたいへんだったんですねぇ。
総合病院でも不安が残るというのは
妊婦さんにとって、
これから出産を控える女性にとって、
すみにくい国、ですよね。

>ぽるぽるさん
本当に。いろいろあります。
生れてきてくれてありがとうという気持ちでいっぱいですよね。
そういった奇跡の命の誕生に携わるお仕事は
ほんとに尊いものです。

>まっちさん
産む場所がないのに、子ども作れっていったって
説得力に欠けてますね。
少子化対策って、こういうところの見直しが
本当に大切ですよね。

>いぶじろうさん
中枢的な病院だったようですね。
驚きました。
この先、どうなっちゃうんだろーと
不安になります。

>かぼっちさん
そう。生れてきてくれたことに
ただただ感謝。病院の先生にも感謝できる
出産がとても望ましいですよね。

>ともりんこさん
車で1時間。なんだかこういうことが
当たり前になりつつあっていやですよね。
妊婦さんは注意力が、少し落ちます。
(実はあたしも妊娠中の運転で怖い思いをしました)
運転にはくれぐれも注意してくださいね。

>陽菜さん
そうですかぁ。出産費用もあがるんですね。
一時金も上がるんなら、あたしたちに負担は
今のところはないということなんで
どんどん医療従事のほうへ流して欲しいです。

>youkaさん
そうですよね。私達が過信してはいけませんからね。
youkaさんのように、常日頃の心がけが
いざというときに実を結ぶのかもしれませんね。

>ももさん
妊娠確認後、すぐに分娩予約というのが
当たり前になってきているんですね。
里帰り出産もなかなか難しくなってきているようですし。

>瑠璃っぺさん
そうですよね。矛盾。悪循環。
どんどん便利になっていく世の中で
命をつむぐ最初の時点で不安になるというのは
本当におかしいな。と思えてなりません。

>かーこさん
そうでしょうね。心細かったでしょうね。
妊娠したーって喜んでる間もなく
分娩を探し回る状況って、
どう考えてもおかしい。
医療関係者に特待制度が必要ですよね。

>マーコさん
納得できるお産が女性にとっても
赤ちゃんにとってもとても大事なことですよね。
でも、選んでる場合じゃないというのも現実。
安心してマタニティライフが送れるような
日本にしたいもんです。

>miryonさん
帝王切開の記事もありますので、ぜひ読んでみてくださいね。
怖いもんじゃありませんよ。
赤ちゃんとお母さんのための最良の方法ですもん。
本当に出産はすばらしいものです。

>ぶぅさん
ありがとうございます♪
笑ってもらってナンボですから、
大いに笑って子作りしましょうね♪
また遊びに来てください♪
Posted by いちゅひちゅ at 2008年11月05日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108518230
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。